オクトパストラベラー

【朗報】『オクトパストラベラー』が神ゲー評価、海外でも傑作と太鼓判を押される

オクトパストラベラーs

1: 名無しさん必死だな 2018/07/08(日) 23:11:23.56 ID:qVxC9UyQ0.net
https://twinfinite.net/2018/07/octopath-traveler-preview/


もし君が古典的なターン制JRPGが好きならば
ほぼ確実にオクトパストラベラーを楽しめるだろうし、
これは君にとって必需品となるだろう。


私は今1週間以上にわたって、今作を体験したのだが
これほど心を奪われたJRPGは他にないと断言できる程だ。
この期間、私は起きてる時間は常にこのゲームについて考えてしまっていた。
パーティーをどう構成するか考えたり、オクトパストラベラーに興味を持つ人に
同作の魅力を話したり、それは率直に言ってとても良い時間であった。


体験版をeShopで購入しているならば、
既に今作がどんな内容か、ある程度分かっているかもしれないが
オクトパストラベラーの戦闘システムは現代的なアレンジも加えたターン制で
開発者が同じである事が指し示すようにブレイブリーデフォルトの影響が強い。


戦闘ではBP(ブースト)という溜めの動作があり、
これが上手く作用すると強力な攻撃が行える仕組みになっている。
また相手の弱点を攻撃できた場合、ブレイクという状態に敵が陥り
これは敵の防御力を低下させたり、君の戦闘回数を増やしたりするなど、
プレイヤーには大きな恩恵が与えられるだろう。


特に相手の弱点を突く「ブースト」というのは今作の鍵である。
そして一旦、敵の弱点を発見したら、君は全てのBPを注ぎ込んでそこを突くべきだ。
それによって状況が有利になり、大ダメージを敵に与えられるはずだからだ。
ただBPをすべて費やすというのは、状況によっては賢い判断ではないかもしれない。
それによって、今度は逆にプレイヤー側がブレイクし敵から大きなダメージを受けるという事も考えられる。


高橋P「オクトパストラベラーはFF6の進化系として設計されたJRPGだ」

オクトパストラベラーs

1: 名無しさん必死だな 2018/07/06(金) 16:59:29.85 ID:GFG3sTO30.net
Octopath Traveler:「Final Fantasy VIの進化として設計された」
http://www.jeuxvideo.com/news/875722/octopath-traveler-concu-comme-l-evolution-de-final-fantasy-vi.htm

Octopath Travelerは、2017年1月に発表されて以来、昔ながらのJRPGファンにとって最も期待されているゲームの1つであり、ピクセルアートとかわいい効果を組み合わせたスタイルを取り入れています。
日本の展示会の機会に、高橋真志( Bravely Default)と作家西木康智は、彼らの野望を呼び起こすために私たちをインタビューを歓迎しました。

新世代の日本人デザイナーがますます出ていることは承知でしょう。33歳のプロデューサーが率いるOctopath Travelerは良い例です。
ビジネスの小さな若者、私たちは言うことができます。しかし、Acquireスタジオで開発されたJRPGは、ターンベースのメカニックよりも視覚的に古いスクールデザインを自動的にマークします。

高橋:錦敷さんと私は33歳です。私たちは、時間とピクセルアートのゲームプレイで、SNESのJRPGと共に育っちました。
私がSquare Enixに戻ったとき、それは私がやりたいことでしたが、テクスチャ付きのタイトルを作る方がはるかに簡単だったとすぐに言われました。
私は自分自身を証明しなければなりませんでした。何年もの仕事の後、私はやっと自分が望むことをすることができました。

私たちは新規IPを作りたいと思っていました。プレーヤーにとって魅力的なインパクトのあるビジュアルスタイルを持つことが重要でした。
ゲームメカニックスについて、Final Fantasy Vの進化としてBravely Defaultを考案し、Final Fantasy VIシステムの進化としてOctopath Travelerを製作しました。 



【オクトパストラベラー】ファミ通クロスレビューはオール9の36点!

オクトパストラベラーs

1: 名無しさん必死だな 2018/07/04(水) 11:53:24.25 ID:yjXsk58Y0.net
http://ryokutya2089.com/archives/11814
JustShapes&Beats 9787
FloorKids 7787
Stilbold! 7788
ホロウナイト 8989
メアリスケルター2 9888
オクトパストラベラー 9999



2: 名無しさん必死だな 2018/07/04(水) 11:53:49.66 ID:6lVRD9+Y0.net
ジョジョ以下



207: 名無しさん必死だな 2018/07/04(水) 14:13:45.94 ID:i/S2i4ExF.net
>>2
罪深いゲームだわ



3: 名無しさん必死だな 2018/07/04(水) 11:54:41.71 ID:MuW2WSjFr.net
悪くないが一つくらい10欲しかったな



【画像】オクトパストラベラーの神官オフィーリアさんがあまりにも清楚えっち過ぎる

no title

1: 名無しさん必死だな 2018/07/02(月) 07:14:11.05 ID:9wDPvOPW0.net
お臍が分かるくらいピチピチですよ神
胸も相当おっきくてすごい
導かれたい
no title


IGN『オクトパストラベラーは後に語り継がれる作品になることは間違いない』と絶賛!

オクトパストラベラーs

1: 名無しさん必死だな 2018/06/26(火) 09:28:49.17 ID:RgF1uAI9p.net
個人的に、本作はSwitchのTVモードでプレイするよりも、
あえて携帯モードで遊ぶことによって没入感がより高まるように思えた。
まるで手の中で広がる、ミニチュアをおいた箱庭を覗くような感覚を味わうことができるからだ。

外見のよさから誉めてしまったが、本作がプレイヤーを世界に誘う工夫はビジュアルだけに限られたことではない。
ロールプレイや戦闘に通じる幅の広い選択肢、それによる自由度が物語をより鮮やかに彩ってくれる。

『OCTOPATH TRAVELER』はリアルさとは異なるビジュアルへのアプローチ、シナリオ・戦闘の両方を貫く
自由度を通じてゲーム体験をより身近なものにしようと努力している。
古き良き時代のRPGを多くの工夫によって現代向けへと昇華させたことで、後に語り継がれる作品になることは間違いない。
発売は2018年7月13日だが、製品版へと引き継ぎもできるこの体験版で、
一足先に冒険へと踏み出してもよいのではないだろうか。

http://jp.ign.com/m/project-octopath-traveler/26250/preview/octopath-travelerrpg



4: 名無しさん必死だな 2018/06/26(火) 09:31:27.67 ID:iPLhSTvoa.net
ブレイブリー超えたら成功



5: 名無しさん必死だな 2018/06/26(火) 09:32:59.55 ID:MqTQTZN/0.net
マジで面白かったからな体験版



オクトパストラベラーの踊り子プリムロゼちゃん(23)wwww

プリムロゼ

1: 名無しさん必死だな 2018/06/17(日) 01:11:42.76 ID:EOPUqCPsM.net
no title

no title


こんな激かわセクシーなのに汚いオッサンに夜な夜な部屋で体を撫でてもらっているという事実
おまえらはそれでも彼女を愛せるか?



【朗報】Switch『オクトパストラベラー』、DLC販売の予定は無し!「製品版が完成品」

オクトパストラベラー

1: 名無しさん必死だな 2018/06/16(土) 22:08:17.75 ID:dSOckkkV0.net
http://dengekionline.com/elem/000/001/745/1745111/

――DLCの販売は予定されていますか?

高橋:まったく考えておりません。製品版が完成品です。

――ストーリーは、だいたい時間でいうとどれくらいでクリアできるのでしょうか。

高橋:本作は基本的に4人パーティを組んでプレイする形になっていまして、1章をクリアしたあと2章のエリアに行くのに結構ハードルが上がるんですね。
ですから、できるだけ仲間を作っていろいろなところを見て回るということを推奨している作りになっています。

プレイヤーさんが、ほとんどのキャラクターのストーリーを見てくださると想定して、メインストーリーだけ追おうとすると、だいたい50~60時間はかかると思います。
この他の要素、サブストーリーや行かなくてもいいダンジョン、そしてフィールドコマンドという特殊なスキルを使ってこの世界を存分に堪能した場合、だいたいテストプレイで80~100時間くらいかかりましたね。

『オクトパストラベラー』が米Amazonベストセラー1位にwwww

オクトパストラベラー
スポンサードリンク
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサードリンク